kenyaのはてな

日常の何気ないはてなを呟いていくんだ

変化球

f:id:kenya0411:20191109022856j:image

皆たんおこんばんは!元気かい?最近ネットにも飽きて来て暇な日々を送っておるのですが、今もなおこうしてブログを書いているのは、少しでも思い出を残したいからなのでしょうね、そんな今回は野球の変化球をお伝えしたいと思うのです、時代の流れにつれて増えてきた変化球、どんなのがあるか楽しみであります、それでは最後までごゆるりとお過ごし下さいませどうぞう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【野球】‬
‪野球は2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して得点を取り合い得点数の優劣に基づいて勝敗を競う競技である1チーム9人ずつで構成された2チームが守備側と攻撃側に分かれ守備側の投手が投げたボールを攻撃側の打者がバットで打ち、設置された4つのベース(塁)を反時計回りに進み一周することで得点を得る。両チームは攻撃と守備をそれぞれ交互に9度ずつ行い、その間に挙げた得点の多さを競う4つのベースは、それぞれ一塁(ファースト・ベース)、二塁(セカンド・ベース)三塁(サード・ベース)、本塁(ホーム・プレート)と言う大会やリーグによってルールの細部に相違点があり、たとえば予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定、攻撃時に投手と呼ばれるポジションの選手の代わりに攻撃専門の選手を使う指名打者制度の有無、審判員の人数等細かな違いがあり、大会やリーグごとにそれぞれの環境に最適と考えられる制度を採用している「baseball(ベースボール)」という名称は4つのbase(ベース)を使用するという特性を由来としている、日本語の「野球」という名称は明治期に日本で中馬庚が作った和製漢語である競技名・組織名・大会名などにおいて、単に「野球(英: baseball)」と称する場合いわゆる「硬式野球」を指すことがほとんどであるメジャー・リーグでは硬式野球が競技されている他、日本でもプロ野球都市対抗野球(社会人)大学野球高校野球において硬式野球が競技されている現在、日本国内において称される広義の「野球」で用いられているボールには、硬式球・軟式球・準硬式球の3種類があり使用するボールによってそれぞれ硬式野球軟式野球準硬式野球とも呼ばれ、それぞれ異なった競技である軟式野球準硬式野球は共に日本で誕生した競技であり主に日本国内のみで普及しており国際性はほとんどない例として野球発祥の地で本場とも呼ばれる米国において「soft-baseball」などと言っても通常一切通用しない軟式野球は主に日本国内の少年野球や公立中学校の部活動、レクリエーションなどとして行われる準硬式野球は運営組織を分類する上で多くの場合軟式野球の一種として扱われている野球が変化して生まれたものとしてフィンランドを中心に行われているペサパッロフィンランド野球)やソフトボールがある特にソフトボールは女性や子供、高齢者にも楽しめるような競技として国際的に普及している野球の起源は明確にはされていないがイギリスの球技である「タウンボール」がイギリス系移民によってアメリカに持ち込まれた後変化し野球として形成されたと考える研究者が多い1830年代から40年代に原型が成立した後、主にアメリカの北部でさかんとなり南北戦争1861年 - 1865年)を機に南部にも伝えられたことでアメリカ全土において人気を博するようになった19世紀後半を通じてルールに大幅な改良が加えられ現在の形となる1869年には世界最初のプロ球団であるシンシナティ・レッドストッキングスが設立され1871年には世界初のプロ野球リーグであるナショナル・アソシエーションが設立された、このリーグ自体は5年で破綻したものの1876年にはこれを引き継ぐ形でナショナルリーグが設立されメジャーリーグベースボールが成立した、この頃、日本を訪問したアメリカ人によって日本に野球が伝えられたぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【ファストボール】‬
‪速球は直進する速球と球速は直進する速球に近いながら左右に曲がったり落ちるなど変化する速球の2種類に大別できる日本において前者は直球(ちょっきゅう)ストレート 真っ直ぐ(まっすぐ)アメリカではフォーシーム・ファストボール(英: four-seam fastball)等と呼ばれている後者は日本において癖球(くせだま)と呼ばれ、さらにツーシーム・ファストボール(英: two-seam fastball)カット・ファストボール(英: cut fastball) などに分類されている日本では伝統的に最も落差が少なく打者への到達時間も短い球種である事から変化しないストレートが基本になる球種とされていた一方アメリカでは速球に対し打者の手元で変化する「汚い」軌道が「打ち難い」とされるなど球速、威力を重視するように考えられていた、これが言葉の使われ方の差となっており日本においては速球という言葉よりストレートという言葉が多く使われ基本のストレートに対しシュートやカットボールと言った変化する速球を含めた変化球といった大別がなされるに対しアメリカではファストボールとオフスピードボールという二分から分類が始まる日本において明確な速球の投げ分けは2000年代頃から認識され意図的に直進する速球と直進しない速球を投げ分ける投手も増加している‬ぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【シュート】‬
‪シュートはバックスピンとサイドスピン(利き腕方向)の間の回転軸を持ちサイドスピン側に傾いていれば曲がりながら沈むシュートとなり城之内邦雄などの投げたシュートがこれにあたるバックスピン側に傾いていれば縦方向にはほとんど変化せず横に曲がるが、この中で直球に劣らぬ球速があり、なおかつ打者の手元で鋭く伸びる(ホップ気味に曲がる)ものが存在しシュートの中でも特に威力あるものとされる、このタイプのシュートを投げることが出来た投手に平松政次長谷川良平安仁屋宗八などがいるリリース直後の球筋は直球に近く右投手の場合は右打者に対し近づくように変化し投手によっては直球より速くなることがある、そのため打者が直球と思ってスイングするとバットの芯から外れて根元に当たることになり詰まらせて内野ゴロに打たせて取ったりファウルボールを打たせてストライクを稼ぐのに有効な球種となる打者が胸元に向かってくる内角のシュートに対応しようと体を開いてスイングするなどした場合は外角のボールに対してスイングが崩れやすくなる、そのため平松や工藤公康野村克也はシュートを意識させた上で直球やシュートと逆方向に変化するスライダーなどを外角に投じる事でストライクゾーンの左右を広く使う事ができ容易に打者を打ち取ることが出来ると指摘しており工藤は「シュートを投げられているという感覚だけでバッターは意外と詰まったりするんですよ、だからあまり曲がらなくてもシュートを投げるんです」と語っているシュートがクローズアップされることが多い小野晋吾も「シュートは見せ球で自分はスライダーピッチャーだ」と語っている他に左打者の外角へ逃げるボールとして凡打、空振りを狙う、さらに応用として右投手対右打者の場合には外角のボールゾーンからストライクゾーンに入る「バックドア」対左打者の場合には内角ボールゾーンからストライクゾーンに入る「フロントドア」という攻め方が浸透しつつある‬ぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【シンカー】‬
‪シンカーは直球の軌道から曲がり落ちるスクリューボールは逆方向のカーブのような軌道で浮き上がってから落ちる、これは日本のプロ野球選手の間でよく用いられる定義であり大野豊山本昌石川雅規の様に同じ投手がシンカーとスクリューを投げ分ける場合もあるスクリューボールは「左投手が投げるシンカー」だとする定義も存在するがスクリューボール開発者のルーブ・フォスターとクリスティ・マシューソンは共に右投手であるため現実に則していない(さらに、同じ軌道の球種であれば左投手が投げる場合だけ名前を変える必然性もない)しかしスクリューボールの使い手に左投手が多く更にはゲーム『実況パワフルプロ野球』において左投手のみが投げられる球種として設定されたため、このような誤解が世間に広まったとみられている1人の投手が縦横・大小複数のシンカーを投げ分けることもあり潮崎哲也は緩急2種類のシンカーを投げたが遅いシンカーは浮き上がってから落ちる逆方向のカーブのような軌道だった、これはスクリューと呼ぶこともできるが呼び方は投手によって様々で潮崎は遅いシンカーと呼んでいた中には内海哲也のようにチェンジアップと呼ばれていた変化球を自らスクリューと呼ぶようになった選手もいる山田久志は自らのシンカーをスプリット系と語り速い球速で鋭く落ちた、この様なシンカーは高速シンカーとも呼ばれるボールに回転を与える動作の制約からサイドスローアンダースローの投手がこの変化球を使うことが多い打者側へ曲がり落とすことでゴロを狙える球でもあるオーバースローやスリー・クォーターの場合は腕に負担がかかるため右打者対策を強いられる左投手が使用するくらいである(右打者から逃げていく軌道のため)ただし近年では左打者の数が増えてきているため左投手でも使い手は減少傾向にあるぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【スクリュー】‬
スクリューボールは「左投手が投げるシンカー」だとする定義も存在するがスクリューボール開発者のルーブ・フォスターとクリスティ・マシューソンは共に右投手であるため現実に則していない(さらに同じ軌道の球種であれば、左投手が投げる場合だけ名前を変える必然性もない)しかしスクリューボールの使い手に左投手が多く更にはゲーム『実況パワフルプロ野球』において左投手のみが投げられる球種として設定されたため、このような誤解が世間に広まったとみられている1人の投手が縦横・大小複数のシンカーを投げ分けることもあり潮崎哲也は緩急2種類のシンカーを投げたが遅いシンカーは浮き上がってから落ちる逆方向のカーブのような軌道だった、これはスクリューと呼ぶこともできるが呼び方は投手によって様々で潮崎は遅いシンカーと呼んでいた中には内海哲也のようにチェンジアップと呼ばれていた変化球を自らスクリューと呼ぶようになった選手もいる山田久志は自らのシンカーをスプリット系と語り速い球速で鋭く落ちた、この様なシンカーは高速シンカーとも呼ばれるボールに回転を与える動作の制約からサイドスローアンダースローの投手がこの変化球を使うことが多い打者側へ曲がり落とすことでゴロを狙える球でもあるオーバースローやスリー・クォーターの場合は腕に負担がかかるため右打者対策を強いられる左投手が使用するくらいである(右打者から逃げていく軌道のため)ただし近年では左打者の数が増えてきているため左投手でも使い手は減少傾向にあるぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【スライダー】‬
‪バックスピンとサイドスピン(利き腕と反対方向)の間の回転軸を持ち投手の利き腕と反対方向へ滑るように曲がる物とジャイロ回転の成分を有して縦に落下する物の2種類がある両者を区別するために前者を横スライダー、後者を縦スライダー、落ちるスライダー、またはヴァーティカル・スライダー (英: Vertical Slider) 、Vスライダーと呼ぶことがある投法が近いことから両方を投げる投手も多いカーブやカットボールなど他の球種との区別が曖昧な場合もあり、落合英二は『落合英二ブルブルの輪』の中で「投げた人が『これはスライダー』と言ったらそれはスライダー扱いになっちゃう」と述べ、あまりにも握りや投法のバリエーションが豊富であるため一括りにすることは難しいとしている落合は山井大介が投じる球速が遅いスライダーを例として挙げ一般的にはカーブにあたるが山井本人が「これはスライダー」と主張してからはスライダー扱いになったという逆にクレイグ・キンブレルなど本人がカーブ系と呼ぶ球種がスライダーと呼ばれることもある横に変化するスライダーはバックスピンの成分が強ければ落下が少なく横滑りするスライダーに、サイドスピンの成分が強ければ沈みながら大きく横滑りするスライダーになる速球と同じような投法と球筋から比較的速い球速で変化するため打者は速球と誤認しやすい横の変化でボールからストライクへ、ストライクからボールへなどという使い方や小さい変化でバットの芯から外させたり大きい変化で空振りを狙うなど様々な使い方をされる日本人選手では伊藤智仁西口文也岩瀬仁紀前田健太森福允彦などが代表的な使い手でMLBではスティーブ・カールトンホセ・フェルナンデスが有名スリー・クォーターやサイドスローの場合は元々横から出てくる球筋に更に横変化が加わるため、大きな角度のある変化球となる左サイドスロージェフ・ウィリアムスが投げたスライダーは数回にわたり空振りした右打者の体に当たったスライダーの中でもジャイロ回転の成分を有して縦に落ちる物を指す上向きの揚力を持たないためフォークボールのように落下しジャイロ回転の効果で初速と終速の差が小さいジャイロ回転の成分が強い物は回転軸の傾きによっては若干左右へも変化したり落差が変わったりもするボールを挟まない為、フォークボールに比べると失投率が低く、使い手が増えつつある日本人選手では松坂大輔田中将大大塚晶則、山岡泰輔、内竜也などが代表的な使い手でMLBではジョン・スモルツやブラッド・リッジ、グレッグ・ホランド、マックス・シャーザーが代表的な使い手として知られる‬ぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【カットボール】‬
‪直球の握りから人差し指を少し中指側にずらして握りリリースの際にボールを切る(カットする)様に投げる直球とほぼ同じ球速で小さく鋭く変化するため打者からは直球との見分けがつきにくく直球と思ってスイングしに行った打者のバットの芯から外させて凡打に打ち取る目的で使われることが多い特に投げ手の逆側の打席に入る打者の内角に投じバットを詰まらせるのが有効であるとされる横に曲がる斜めに落ちる縦に落ちるといった変化の種類があり速球が真っ直ぐ進まずに常時このような変化をする投手もいる代表的な使い手としてはマリアノ・リベラアンディ・ペティット、ロイ・ハラデイ、ジョン・レスター、ケンリー・ジャンセンなどがいる特にマリアノ・リベラは史上最高のカッターの使い手として知られ球種がフォーシームかカッターのみという非常に珍しい投球スタイルでMLB屈指のクローザーとして活躍したリベラのカッターは90mph半ば(約153km/h以上)を超える球速で約20cm変化すると言われ空振りを狙うことも可能であった日本人選手ではカットボールを広めたのは武田一浩と言われているファイターズ時代にチームメイトだったマット・ウインタースからカットボールの存在を聞き習得し武田のドラゴンズ移籍後に川上憲伸がこれを習得、日本屈指のカットボーラーとなった、その他にはダルビッシュ有松坂大輔三浦大輔藤浪晋太郎松井裕樹、山本由伸などが投げ2000年代から日本球界でも多くの選手が使用するようになったが松井秀喜伊東勤によると日本人選手の投げるカットボールはスライダーに近いものがほとんどだというぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【カーブ】‬
ベルヌーイの定理によればボールは回転する方向に曲がるという物理的性質を持っている、つまりは球の回転速度が速ければ速いだけ曲がる角度も鋭くなる、このため人間としては手首や腕の柔軟さが上達の程度に影響してくるトップスピンとサイドスピン(利き腕と反対方向)の中間の回転軸を持ち回転軸がトップスピン側に傾いていれば縦方向のサイドスピン側に傾いていれば横方向の変化が大きい物になり総じて球速が遅く山なりの弧を描くのが特徴である。弧を描く軌道の影響などでホームベースへの到達時間は直線的な軌道の球よりも長くなる弧を描く軌道に加え速球との球速差により、打者は錯覚してボールがなかなか来ないことを減速しているように感じることもありブレーキがかかる等とも表現されるアル・キャンパニスは『ドジャースの戦法』の中でサイドスローからカーブを投げるのは比較的容易であり右投手が投げるカーブは右打者に効果的であるが左打者に対してはあまり有効にはならないため、カーブを投げるのであればオーバースローかスリークォーターから投げるべきだと説いている緩急をつけて打者のタイミングを外す目的で使われる場合が多いが江川卓桑田真澄サンディー・コーファックス工藤公康クレイトン・カーショウなど決め球として投げる投手もいる伊東勤岩本勉らは他の球種と違い全力で投げなくてもよいため疲労が蓄積しないこと大きく弧を描く軌道が打者の目線とタイミングをずらせることなどを利点として挙げている中西親志や金子千尋らはキレがないカーブでもあえて投げることで他の球種を生かす見せ球としての効果があることを指摘している変化が小さかったりキレの無いカーブを「ションベンカーブ」などと揶揄して呼ぶことがあるぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【ナックル】‬
ナックルボール (Knuckleball) は野球における球種の1つ限りなくボールの回転を抑えた形で投じられ捕手に届くまでの間に不規則に変化しながら落ちる変化球である名前の由来は曲げた指の第1関節(Knuckle)部分でボールを握り、突き出すように投げるからという説この変化球を投げていたエディ・シーコットのニックネームが「Knuckles」だったからという説トッド・ラムジーが投げていたナックルカーブとよく似た変化をしていたからなど、メジャーリーグの文献によっても諸説ある略してナックルともいう、この球を中心に投球を組み立てる投手は特にナックルボーラーと呼ばれるほぼ無回転で放たれたボールは左右へ揺れるように不規則に変化しながら落下する、その様は「氷の上をつるつる滑るような変化」「木の葉がひらひらと落ちるような変化」と形容される右へ曲がったボールが左に曲がって戻って来るなど常識的には考えにくい不規則な変化から時として現代の「魔球」と呼ばれる、ただしその変化は打席に立っていないと分かりにくく球速も遅い(100-110km/h前後)ためスタンドの観客にとってはただのスローボールのようにも見えるナックルの描く軌道は打者はおろか受ける捕手や投手本人にすら全く予想がつかないものであり球種が分かっていても容易に打てる球ではない、そのためナックルだけを投げ続ける投球で打者を抑えることも可能である欠点としては同じように投げても変化が小さいただの遅い球になってしまう可能性があることや不規則な変化のために緻密なコントロールは不可能で相手の欠点をつく投球、状況に応じた配球というのは難しいことなどが挙げられる、そのためナックルボーラーには打者との駆け引きよりもナックルの投球に集中する事が要求される自然条件の影響(風向き、風速、天候、湿度など)を受けやすく投球内容に大きく差が出てしまうこともある捕球も難しくナックルボールを捌ける捕手に限定されてしまう1910年代に活躍したエディ・シーコット以降、メジャーリーグでは多くのナックルボーラーが活躍してきたフィル・ニークロとその弟のジョー・ニークロがその代表例で兄のフィルは通算318勝、弟のジョーは通算221勝を挙げているホイト・ウィルヘルムとジェシー・ヘインズは殿堂入りを果たしている2011年シーズン限りで引退したティム・ウェイクフィールドボストン・レッドソックスなどで長く先発ローテーションを務め通算200勝を挙げた2012年にはR.A.ディッキーがシーズン20勝でサイ・ヤング賞を受賞した一方でナックルボーラーは減少傾向にあり現役メジャーリーガーは2019年現在、ボストン・レッドソックスのスティーブン・ライトのみである日本でプレーしたナックルボーラーとしてはロブ・マットソン(近鉄)やジャレッド・フェルナンデス(広島)が挙げられるナックルカーブは名前や握りこそ似ているが全く異なる変化球であるナックルボールにはマグヌス効果による揚力がほとんど働かずフォークボールのように縦に落ちる球が完全に無回転であれば落下するのみであるがリリースからホームベースまでに4分の1から1回転とわずかに回転することで空気にぶつかる縫い目の位置が不規則に変化し続け、この縫い目と空気抵抗による不規則な後流の変化が球の軌道を不規則に変化させるナックルは左右の変化が顕著だが縫い目の効果は上下にも作用しており、さらには縫い目の位置によって後流の大きさも変化するために減速効果も変化してボールの速度も乱れることになり上下左右前後あらゆる方向に不規則に変化している完全に無回転な球が投げられても空気と縫い目の一つが最初にぶつかることで球は緩やかに回転を始めるとされている、この原理からナックルは極僅かな回転と縫い目の向きが重要だとされる。ナックルボールの変化について福岡工業大学教授の溝田武人が流体力学の研究の一環として論文を発表しているナックルの投法を確立したのは、1910年代に活躍したエディ・シーコット(Eddie Cicotte)であるとされる基本の握りとして手の甲を上にして親指と小指でボールを真横から挟み残りの指を上から突き立てるものが普遍的で、この握りを3本指と呼ぶボールを指から離す際に手首を固定しボールに突き立てた指で押し出すように回転を殺しながら投げる他にも薬指を小指と共に寝かせ2本指を突き立てる2本指と呼ばれる握りや全ての指を寝かせる握りボールを握る際に指を縫い目に付けるか離すかなど投手により様々な違いがある特殊な握りとしては渡辺亮ツーシームに中指と薬指を立てて人差し指を伸ばす握りなどもあるナックルの投球はリリースを安定させる必要があるため、下半身をあまり激しく動かさず大きく振りかぶらずに投げる投法が独特な動作になるため打者に球種の判別はされやすいが前述の通りにナックルボーラーの投球はほとんどがナックルであるので特に問題は無いナックルは他の球種とは投法が大きく異なり併用が難しいのでナックルボーラーはナックル以外の球種をほとんど投げず通常の投球スタイルを持つ投手がナックルを投げることは稀である投法のみならず通常とは異なるナックルに適した爪の長さや強度の維持ナックルボーラー専用捕手の存在など一般的な投手とは違う面を持つ場合が多いナックルは全力で腕を振らないフォームから投じられるため肩や肘にかかる負担が少ない、そのためナックルボーラーは総じて選手寿命が長く、40歳代後半まで現役で活躍する選手も少なくないナックルは軌道が予測不能であるためにプロの捕手でも捕球が難しいナックルボーラーが登板する場合はチームの正捕手に限らずナックルボールの捕球が得意な捕手とバッテリーを組むことが多い例えば前述のウェイクフィールドが登板する際は当時レッドソックスの正捕手だったジェイソン・バリテックが2004年のポストシーズンで1イニング3捕逸を犯すなどナックルの捕球を苦手としていたため専属捕手としてダグ・ミラベリが起用されていたミラベリはウェイクフィールドとバッテリーを組む時は野球用のミットではなくクッション量が少なく捕球面積が大きい通称ピーチ・バスケットと言われるソフトボール用のミットを使っていた2005年オフにミラベリがサンディエゴ・パドレスにトレードに出された際、翌年は当初ジョシュ・バードがウェイクフィールドの専属捕手を務めていたがあまりにも捕逸が多かったことからレッドソックスは5月にバードとのトレードによりミラベリを戻している他にも捕球の難しさを示す記録としてチャーリー・ハフとバッテリーを組んだジーノ・ペトレリの1イニング4捕逸の記録がある捕手は完全に捕球するまでボールから目を切れないことから早めに送球体勢を取ることが出来ず球速の遅さも手伝って盗塁を許しやすい、そのためナックルボーラーには牽制球やクイック等の技術も要求されるぞ‬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‪【フォークボール】‬
‪一般的にはツーシームの握りで人差し指と中指の間にボールを深く挟み手首の関節を固定しリリースする、この指で挟む握り方がフォークに似ていることから名付けられた親指はボールの下や人差指の横へ添える、この投げ方によりボールのバックスピンが直球より減少しマグヌス効果が小さくなりボールは重力に引っ張られ放物線に近い軌道を描く直球に似せた投法で投げることが容易であり手首や腕の振りが直球と同じかつ、その軌道から打者の近くで急激に落下するため打者には直球との判別が難しく変化も大きいことから空振りを奪うために使われる一般的にはボールの回転をできる限りなくすために人差し指と中指は縫い目にかけずに握るが意図的に縦回転または横回転をかける場合もある、その特徴的な握り方と変化の大きさから暴投や捕逸を起こしやすく日本球界を代表するフォークの使い手であった村田兆治は日本プロ野球歴代最多の通算148暴投を記録している握力が不十分でボールが意図に反してすっぽ抜けると痛打されやすい岡島秀樹など抜けることを逆手に取って「フォークの握りのチェンジアップ」を持ち球としている投手もおりチェンジアップのバリエーションのひとつとしてフォークに近い握りで投げるスプリットチェンジという球種があるサイドスローアンダースローの投手がフォークボールを投げることは珍しく落ちる変化球として投法と相性の良いシンカー・スクリューボールや投法を問わないチェンジアップを選択する傾向にある野茂英雄オリックス・バファローズの秋季キャンプの臨時投手コーチに招かれた際にサイドスローによるフォークボールを披露し選手を驚かせているフォークボールは1919年頃バレット・ジョー・ブッシュ(英語版)が開発し1950年代から1960年代にかけて活躍したロイ・フェイス(英語版)が有名なものにした日本プロ野球では1950年代に杉下茂が初のフォークボーラーとして活躍し、その後、村山実村田兆治が使い手として有名になり普及1980年代から1990年代では遠藤一彦牛島和彦野田浩司、現役選手では能見篤史吉見一起、千賀滉大らが有名な使い手アメリカではフォークボールSFFはスプリッターとまとめて扱われることが多く日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった野茂英雄らのフォークボールもスプリッターと呼ばれたアジア圏以外では日本で普及したような握りの深いフォークボールを投げる投手はキューバ出身のホセ・コントレラスやカナダ出身のライアン・デンプスターら数少ない松井秀喜佐々木主浩のフォークはボールそのものが消えるような錯覚を覚えたと語り権藤博は佐々木のフォークは落ち方は大したことがないが球速があり回転しているため打者に直球かフォークか判別されないボールだったと語っている同じフォークと称される球種でも変化は多彩で野茂は縦に落ちるものとシンカー気味に利き手側に落ちる2種類のフォークを投げ分け上原浩治は落差の大小に加えてスライダー気味とシュート気味の横変化をつけた4種類のフォークを投げるなど複数のフォークを意図的に投げ分ける投手もいる岩田慎司はほぼ無回転で左右に揺れながら落ちるナックルボールのような球をフォークの握りで投げる山﨑福也も「ナックルフォーク」というほぼ無回転のナックルをフォークの握りで投げている佐々木や野茂は無回転だと打者に球種の判別をされやすいので意図的に横回転をかけて判別されにくいようにしていたという田中将大も「スピードが緩くてボールの回転も少ないフォークは打者に見極められてバットが止まることも多い」と球種の判別のされやすさを指摘している手首を固定して投球することから数ある変化球の中でも肘、肩への負担が特に大きいとされている実際に前述の村田、野茂、佐々木などを始めとしたフォークの使い手は肘や肩を故障した経験が少なからずある負担の要因のひとつとしてボールを強く挟み込んだ状態からリリースの瞬間、指の間からボールを抜くように投げることで関節部に直球と比べ強い制動作用が働くことが挙げられるフォークボール(英: forkball)は野球における球種の1つで投手の投げたボールが打者の近くで落下する変化球である人差し指と中指でボールを挟む握りで落ちる変化球を日本ではフォークと呼ぶアメリカではフォークボールはスプリッター(英: splitter)と呼ばれる、この影響で日本でも浅い握りで速度の速いフォークをスプリットと呼び分ける場合があるぞ‬

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!本日も無事お伝え致しました!子供の頃から好きな野球、特に投手が好きで変化球の練習を良くしていました、ナックルの練習をするのが好きで大人を驚かせた事がありましたとさ…終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【楽しい広場】

https://www.youtube.com/channel/UCRrBuXNviCRDhPo9EDIZauw